泣きながら仕事を続けるリスクと働くのが辛い時の対処法【若手必見】

  • 仕事が辛い・泣きたい
  • 仕事が辛いのは甘えなの?
  • 仕事がしんどくてもう辞めたい

こんな疑問に答えます。

「上司のパワハラやセクハラが酷い」「怒られてしんどい」などの理由により、仕事で泣いてしまった人は多いのではないでしょうか?
この記事では「泣きながら仕事を続けるリスクや対処法」について解説します。

仕事が辛い・辞めたいと感じてしまう理由は?

まずは仕事が辛くて辞めたくなってしまう理由について説明します。

上司に怒られて辛い

1点目は「上司に怒られて辛い」という理由です。
仕事が覚えられなかったり凡ミスを何度も繰り返してしまって上司に怒られてしまい、自分の仕事のできなさから泣きたくなってしまうことがありますよね。
仕事の能力が低い場合は、下記の記事が参考になるので、是非みておきましょう。

>>「仕事が能力不足で辛い…」→能力が低い理由と年代別の対処法を解説

労働環境が絶望的

2点目は「労働環境が絶望的」という理由です。
残業時間が過労死ラインの80時間を超えるくらい多くある会社で、精神的にも体力的にも疲弊することで泣きながら仕事を続ける人は多いと思います。
長時間労働の会社の現状をすぐに変えることはできないので、もし辛いのであれば早めの転職準備が必要です。

仕事にやりがいを感じない

3点目は「仕事にやりがいを感じない」という理由です。
仕事に対して全くやりがいを感じないと、「何でこんなことやってるんだろう」と強く感じることにより、泣きたくなることもあるでしょう。

仕事に対してやりがいを感じない人は、下記の記事を参考にすると良いでしょう。

>>やりたくない仕事は続けるべき?【幸福度を上げるたった1つの方法】

泣きながら仕事を続ける3つのリスク

ストレスで病気になる可能性がある

うつ病になる可能性がある

自信をなくして挑戦できない可能性がある

仕事が辛い・辞めたい時の対処法

好きなことをしてストレス発散する

身近な人に相談する

休職してゆっくり休む

退職・転職する

まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA